ねずみのブログ

ネットショップ運営に関する情報や、自分の好きな事を発信するブログです。

ちょっとした工夫でネットショップのコンバージョン率を上げる方法

コンバージョン率

ネットショップのコンバージョン率はちょっとした工夫で上げる事ができます。僕が7年間調べてきた情報を元に、コンバージョン率を上げるちょっとした工夫をご紹介。

 

コンバージョン率は「レビュー」が重要

DeNAショッピングモールのコンサルタントに聞いた話で、レビューが1つでもあるだけでコンバージョン率が約40%から50%も上がるといいます。これはネットショップで買い物をしていれば分かりますが、もしある商品で悩んでいてその商品にレビューがあったとします。そのレビューのコメントに「買って良かった!」なんて書かれていたら買いたくなっちゃいませんか?

販売者がいくら語っても第3者が言う感想には敵いません。レビューはコンバージョン率を上げる重要なキーになりますのでしっかりと取り組みを!

ネットショップのレビューがなぜ重要なのか?&レビューの集め方
楽天でレビュー集め!1ヶ月間のイベントで得たレビュー件数は?

 

来店者を逃がさないページ作り

商品ページのサイドメニューやフッター部分などに関連商品を表示させるのもコンバージョン率を上げる工夫になります。1つの商品を気に入ってもらえなくてもページ内で違う商品を見せておくことで、気に入ってもらえる可能性があるという事です。

せっかく来てもらったお客様に商品を1つ見せて終わりではもったいない。違う商品もおすすめするべきという事で、商品ページ内には関連商品などを載せるようにしましょう。基本的には商品を見終わる下の方に関連商品を載せるように!

 

お客さんが気になる事は分かりやすく表示する

ネットショップの買い物で気になる代表的な事は、送料とお届け日数です。僕の自社サイトでは購入ボタンの近くに送料とお届け日数がすぐ分かるようバナーを張っています。特に大事な送料とお届け日数は全ページのフッターとヘッダーにも記載しておいた方が良いでしょう。※別ページに飛ばすリンクでOKです。

その他にも気になる事

  • ラッピングは可能か?
  • 決算方法
  • 返品や交換の注意事項
  • 電話注文&問い合わせはできるのか?
  • 丈直しは可能か?(アパレルの場合)

扱う商材にもよりますがお客様が気になるであろう事は分かりやすく表示して下さい。

 

今買わなければを作る

例えば24時間ポイント10倍や送料無料、3日間限定お試し価格など、今買わなければという仕掛けを作るのもポイント。その時に買ってもらえないと後で買ってくれる確率は大分下がります。揺れている気持を後押しする「今買わなければ」の仕掛けつくりはコンバージョン率を上げる効果的な方法です。

 

安心感を与える

このショップで買っても大丈夫なのか?ネット販売に不安を抱く方はまだ多いと思います。不安を抱かれたらコンバージョン率は低下してしまいますので、安心感を与える為にやってほしい事がこちら

  • 販売者の顔写真
  • 住所や電話番号の記載
  • フェイスブック、ツイッター、ブログ

販売者の顔写真と住所や電話番号に関してはネットショップの信用を上げる為に、すぐにできる3つの事をご参照下さい。フェイスブックはお客様とのやり取りが行われているだけで安心感が上がります。ツイッターやブログも同じで、更新されていることで「ちゃんと販売しているんだ」=安心につながるのです。

このサイトはちゃんと更新しているのか?なんて思われたらコンバージョン率低下につながりますので、マメに更新する事は非常に大事です。

 

購入ボタンは大きく丸みをおびた立体的な画像に

購入ボタン

当たり前ですが購入ボタンが小さいと分かりずらいですよね?なので分かりやすく大きいボタンにしましょう。そして丸みをおびた立体的な画像にする事も大事。丸みをおびて立体的なボタンの方が押されやすいのです。

 

まとめ

ほとんどの対策は簡単ですのでスグにでも実行しましょう。もっとも効果があるレビューは簡単に集める事ができませんが、コンバージョン率に大きく影響してくるので根気よく対策して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)