ねずみのブログ

ネットショップ運営に関する情報や、自分の好きな事を発信するブログです。

ネットショップで怖い顧客情報の流出

顧客情報流出

最近Windows xpのサポートが終了し新しいパソコンに変えている人は多いかと思います。そこでいらなくなったパソコンはどうしてますか?無料で持って行ってくれる業者などに渡してはいないだろうか?

ネットショップで顧客情報が流出

パソコン設置の専門家からこんな話を聞きました。いらなくなったパソコンを無料で引き取ってくれる業者に持って行ってもらった会社がありました。そしてその業者は受け取ったパソコンを怖い団体の人に流します。

怖い団体の人はそのパソコンから顧客情報を抜き出さし、その中の顧客の1人に「あたなの情報が漏れていますよ。●●と言う会社で買い物しましたよね?そこから情報が漏れています。」と電話をかけます。

当然その顧客は会社に電話をして文句をいいますよね?そしてここからが本題!顧客から電話があると同時に、怖い団体の人からも電話が入ります。「顧客さんから自分の情報が漏れていると電話がありましたよね?私は他にもあなたの会社の顧客情報を入手しています。ばらされたくなかったらお金を下さいね。」

こうなったらもうお終いです。永遠とお金を吸い取られるか、ばらされて会社を潰されるかしか残っていません。

パソコンを処分する前に大事な情報は全て削除

こんな事をしても意味がありません。パソコンから情報を削除しゴミ箱の中身から消したとしても情報は引き出せます。ちなみに水没させても無駄。

※3.11の震災で多くのパソコンが水没してしまいました。しかしその水没したパソコンからデータを取り出す専門の業者も存在します。少し費用は高いみたいですが、水没してもデータは復元できてしまうのです。

顧客情報が入ったパソコンは信頼できる業者か自分でスクラップ

一番確実なのが、中のハードディスクにドリルで穴を空ける。これで復元は不可能になります。後は信頼できる業者に渡すこと!信頼できる業者だと廃棄パソコンをメーカーに送ります。そこでパソコンを処分してもらい、処分されましたという証明までもらうようになっています。

「タダより高いものはない」と言うように、安易な処分は自分の首を絞めることになるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)