ねずみのブログ

ネットショップ運営に関する情報や、自分の好きな事を発信するブログです。

腱鞘炎も予防するパソコン作業の効率化

今まで腱鞘炎に悩んできましたが最近は大分治まってきました。同じ動作や無駄な動きを減らす事で腱鞘炎になりずらくなっています。そしてパソコン作業のスピードが早くなり効率化にもつながりました。今回は日ごろ使うキーボード操作をご紹介してきます。

パソコン作業の効率化:マウス操作を減らすショートカットキー

ショートカットキー

マウスで使う右クリックコピーやペーストなど、使いすぎてると人差し指がやられてきます。あと、マウスの横についている戻るや進むのボタン。(親指でいじるやつ)。僕が腱鞘炎になり始めた時はここら辺から始まりました。

右手ばかり使わず左手も使って腱鞘炎を予防していきましょう。それではショートカットキーを紹介をしてきます。

超基本のショートカットキー

ctrl+A:全選択。メモ帳やエクセルなどで全選択する時に使います。マウスでスクロールしながらやるのはNGです。

ctrl+C:コピー。右クリックコピーばかりせずこちらも使うように!

ctrl+V:貼り付け。

ctrl+W:開いてるページを消します。WEBブラウザのページやファイルなどを消すことが出来ます。わざわざマウスで右上の×をクリックしに行くのはやめましょう。手首を痛める原因です。

ctrl+S:上書き保存。メモ帳でもエクセルでも使える便利なショートカットキー。

ctrl+P:印刷画面までとびます。よく印刷する人は覚えましょう。

ctrl+O:開く。エクセルやフォトショップなどでめっちゃ使います。

WEB観覧中

左上にある「戻る」や「進む」を使ってますか?これは使うべきもんじゃないです。時間の無駄だし手首の無駄。これは右上にあるbackspaceで戻る事が出来ます。あとはalt+←でも同じく戻る。alt+→で進むになります。

ctrl+shift+T:消したブラウザを戻す。これ知った時感動しました。間違えでブラウザ画面を消してしまったときに復活させられます。ただし全て消してしまったときはアウトです。3個開いていて間違って1個消してしまった時などに復活が可能。

ページスクロールをマウスホイールでくりくりとやり過ぎ注意!↑↓のキーボードを使ったり、一番下に進むendボタン、一番上に進むhomeボタンも使いましょう。どちらもキーボード右上にあります。

ctrl+F:検索機能。WEBブラウザを開いてる時に押すと窓口が出現。探したいキーワードを打ち込むとそこまで飛んでくれます。エクセルでもメモ帳でも使える便利機能です。

F5:更新。キーボード上段にあります。ブラウザの更新やメール受信などで頻繁に使います。

メモ帳やエクセル

ctrl+H:文字の置き換え。これはエクセルでも使える便利機能。

メモ帳

メモ帳

単語の登録

単語の登録

よく使う文章は単語の登録も行いましょう。キーボードを打つ時間も減るし時間効率もめちゃくちゃいいです。

 

よくパソコン使う人なら当たり前の機能かもしれませんが、知らない人にとっては是非覚えてもらいたいものばかり。腱鞘炎の予防、そしてパソコン作業の効率化も図れるます!

ただし、これらのショートカットキーの使いすぎもNG。便利すぎて使いすぎると左手が腱鞘炎になります。右手と左手、どちらも使うようにすると腱鞘炎になりずらくなりますよ。

 

これ最強!腱鞘炎で悩んでる方は是非使ってみてください。ビックリするくらい痛いのが治まりますから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)