ねずみのブログ

ネットショップ運営に関する情報や、自分の好きな事を発信するブログです。

Mt.Goxの民事再生手続きで債権者はどうすればいいのか?

mt.gox ビットコイン

ビットコインの取引所Mt.Goxが民事再生手続きを行い、債権者(自分)はどうすればいいのか?全く分からないので色々と調べてみました。自分で調べた事と、知り合いに聞いてもらった弁護士のお話をご紹介します。

 

 

民事再生手続きって何?

まずは民事再生手続きとは?自分も全く知らなかったので調べてみました。簡単に言うと、皆から預かったお金やビットコインが返せなくなっちゃった。返済は預かった内の何割かは返すけど、残りはごめんね返せない。あと会社をもう一度復活したいから温かく見守ってね。ってな感じです。(復活するかは分かりません。)

 

ちなみに預かった内の何割かを返すと書きましたが、ビットコインなのか日本円なのかは分かりません。後はビットコインだけしかMt.Goxに預けていなかった場合、帰ってくるか分かりません。 何割返ってくるのか?いつになるのか?は今後Mt.Goxのホームページに記載されます。

 

 

やらなければいけない事

民事再生手続が行われたら、債権者(自分)は債権届出を出さなければなりません。これも後日Mt.Goxのホームページに記載されますので、記載されたら届け出を行います。

 

知り合いづてに弁護士に聞いてもらった

分からない事だらけの民事再生手続、とりあえず僕が知りたかったのはこちら

  • 最近Mt.Goxにお金を振り込んだんだけど、それは返ってくるのか?
  • 他の国で集団訴訟を行っているのだけど、集団訴訟した人たちが勝訴した場合、加入していなかった自分は勝訴した人たちと同じように返済されないのか?

 

最近Mt.Goxにお金を振り込んだ件

売買が停止された日にお金を振り込んでしまいました。そのお金は返ってくるのか?を聞いたのですが、どうやら無理みたいですね。民事再生手続が発表された日の17時以降に振り込んだのなら返ってくるみたいです。

 

海外の集団訴訟の件

アメリカとイギリスが集団訴訟を起こしているみたいです。そこに自分は加入していなかった場合で、集団訴訟した人たちが勝訴したら自分も同じように返済されるのかを弁護士さんに聞いてもらいました。

弁護士さんが言うには、集団訴訟した人たちが勝訴したらそれに加わればいいみたいな回答でした。でも、本当にそんなことができるの?って思っちゃいますね。

 

弁護士の間ではもう有名らしい

Mt.Goxの民事再生法は弁護士の間では有名で、色々と情報が広がってるみたいです。なんでもマルク・カルプレス社長は以前にもお金をパァーにしているみたい・・・

 

 

最後に

預けていたビットコインやお金はもうあきらめております。でもいい経験なので、債権届出も出して最後までやってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)