ねずみのブログ

ネットショップ運営に関する情報や、自分の好きな事を発信するブログです。

ネットショップ平均月商500万円までの道のり

131027-1

ネットショップを運営して約7年が過ぎました。落ち込んだり喜んだり様々な経験を積み、今もネットショップを運営しています。今回はこの7年間どのように運営し月商500万円を突破したのか、ザックリとですがお話しいたします。

 

 

ネットショップ放置の半年間

ネットショップについて関係ない話ですが、とりあえず初めからお話しします。2006年の10月に自社のネットショップを始められるようになりました。ここから準備してオープンするのですが、実店舗の販売も忙しくなかなかネットショップに注ぐ時間がありませんでした。(まあ積極的ではなかった)

始めたきっかけもオーナーにネットショップをやってくれと頼まれたので、「分かりました!」っと答えるだけ答えて約半年間放置。そして重い腰を上げ2007年4月、やっとオープンしたのです。

ネットショップのド素人が作ったページが簡単に売れるはずもなく、3か月後にやっと注文が入りました。そこから積極的に商品をUPし2007年12月、福袋を武器に60万円の売上が作れました。過去のネットショップ売り上げに関してはサイト運営データ。ネットショップ3サイトの売り上げ比較表をご覧ください。

 

ネットショップのコンセプトが出来る

2007年12月から徐々に販売商品のジャンルを絞り、あるコンセプトが出来上がりました。それは「メンズアパレル商材のニッチなアイテム」を売っていくというコンセプトです。(売り上げなども載せている為、販売商品は秘密となります。)

ネットショップを運営していくのにコンセプトは非常に大事です。それについては売れてるネットショップはしっかりとしたコンセプトがある!をご覧ください。

そしてこの商材を軸に2008年12月、ネットショップの壁と言われる月商100万円を突破することが出来ました。ほとんど福袋の力ですが・・・・

 

DeNA(旧ビッダーズ)を開始

同じジャンルを販売する競合店がDeNAで売れているという情報が入る。そしてそのショップを見てみたが、特に作り込んでいるわけでもなく大したページでもない。これなら自分のお店が出店したら売れるだろうと思い2009年4月、DeNA(旧ビッダーズ)の運営を開始。

しかしアドバイザーに意見を聞きショップを作り込んでも中々売り上げが上がらない。その間競合店はすごい勢いで売り上げを伸ばし、あそこは売れているとメーカーの間で騒がれる中、僕のお店は一向に売り上げは上がらなかった。

競合店はポイント企画への積極的な参加(ポイント40倍Dayという日があり、お店側が20%負担しモール側が20%負担するというイベント)、露出のいい広告を頻繁に使用、利益を薄くし多く売るやり方が成功の要因なのではないかと推測。しかし全てをマネすることは出来ず(基本的に薄利多売の商売が嫌い)、悔しい日々を送る。

 

継続的に月商100万円を維持

DeNAの売り上げはそれほど上がらなかったが、自社サイトの売上も上がり2009年10月から月商100万円を維持できるようになってきた。そしてメーカーの在庫を共有できる所は共有し、仕入れを抑えて商品を増やすやり方を始める。詳しくはネットショップの売上げUP術!僕のサイトはコレで売上を上げましたをご覧ください。

 

月商500万円突破の起爆剤

2011年8月、楽天を開始する。オープンした初月からDeNAの売り上げを抜き楽天モールは凄いなと感心。そして2012年6月、3サイト合わせて月商500万円を突破する事が出来ました。

ここまでの道のりを大雑把に説明すると、メーカー在庫を共有しリスクなく商品を広げて、販売モールを増やしてきただけです。効率よくそして簡単に売り上げを増やすには複数モール運営が最適だと僕は考えています。詳しくはなぜ有名なネットショップは複数のサイトを運営しているのか?をご覧ください。

 

 

最後に

大雑把ですが月商500万円までの道のりはこんな感じになります。そして最後に大事な事が「地道な努力」です。これはネットショップを始める時に言われた言葉で、今はしみじみ分かるようになりました。当たり前すぎますが「地道な努力」でネットショップを頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)