ねずみのブログ

ネットショップ運営に関する情報や、自分の好きな事を発信するブログです。

売れてるネットショップはしっかりとしたコンセプトがある!

131024-3

売れているネットショップを見ているとしっかりとしたコンセプトがあることに気付くと思います。何でもかんでも販売すればいいというものじゃない。コンセプトがしっかり決まっているお店を作らなければ、ネットショップの成功は難しくなってしまいます。

 

 

ネットショップのコンセプトって?

まずネットショップのコンセプトは、基本的に何でもOKです。文頭で「何でもかんでも販売すればいいというものじゃない」と書きましたが、これはこれで合っています。とりあえずこんなショップがあったとします。

「肉も売りつつ洋服も売る」

こんなネットショップ見たことないですが、コンセプトがあれば基本的にはありです。ではこのお店のコンセプトはと言うとズバリ「激安」。どこよりも安く売るこれがコンセプトならネットショップとして有りだという事です。

 

ではこちらのお店をご覧ください。

ネットショップ

MONO-MART(楽天市場)
http://www.rakuten.ne.jp/gold/mono-mart/

 

このお店のコンセプトは「メンズカジュアルの商品を低価格で売る」。どの商品も通常価格●●円をSALE価格●●円!とお買い得感を出しています。(しかもこのお店ものすごく売れているらしいです)

 

 

続いてはこちらのお店

ネットショップ

スプートニクス(楽天市場)
http://www.rakuten.ne.jp/gold/spu/

 

このお店のコンセプトは「キレイめのメンズカジュアル」。すごく高いわけではないが安くもないミドルプライスの商品が中心になります。(このお店もめっちゃ売れてるらしいです)

キレイめのメンズカジュアル服に合わせてそれに合うBAGや靴など、関連する物も販売しています。この中に流行っているからと言ってジャンルの違う服を販売しても売れません。このお店に来る人は「キレイめのメンズカジュアル」が欲しくて来店するので、それに関連しない商品を欲しがる人は少ないからです。

 

この様にネットショップにはコンセプトがあり、しっかりとしたコンセプトを持つことによりそれを目当てにお客さんは訪れます。欲張ってあれもこれもは成功する望みが低いので、しっかりとコンセプトを決めてネットショップは運営しなければなりません。

 

 

余談

5、6年前に流行った洋服のジャンル、お兄系って知っていますか?年々お兄系の洋服も流行が落ちつつ、販売メーカーもお兄系にアメカジをプラスした商材を出すようになってきました。お兄系+アメカジのジャンルも最初はよく売れていたらしいのですが、最近は売り上げも低下してきたそうです。

そしてあるメーカーはお兄系に特化し今もなおジャンルを崩さずに販売しているのですが、これが良く売れているらしいのです。正確な理由は分かりませんが、多分他メーカーがお兄系の服をやめる事により競合が減ったからだと思います。

流行を追いかけるのもいいですが、軸になるコンセプトはしっかり維持する事が大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)