ねずみのブログ

ネットショップ運営に関する情報や、自分の好きな事を発信するブログです。

ネットショップ商品撮影のコツ!照明と簡単なデジカメ設定が大事

商品撮影

ネットショップを運営していて商品撮影で困った事はないだろうか?僕が商品撮影で一番悩んだのは実物と写真の色が違うという点。カーキ色なのにこげ茶っぽくなったり、紫なのに青っぽくなったりと駆け出しの頃は非常に悩んでいました。はっきり言って僕の撮影テクニックはまだまだなのですが、ある程度の知識は付けたので素人の方には参考になる商品撮影のコツをご紹介いたします。

 

商品撮影は照明が大事

商品撮影

まずはなぜ商品撮影で照明が大事なのかを知った経路をお話しいたします。僕が最初に撮影した場所は店内の一角でした。洋服をトルソーに着せて商品を撮影していたのですが、実物と写真の色が異なってしまうのです。ここで照明の問題に気づきました。

店内の照明がオレンジ色(電球色)なのが問題でした。電球色での商品撮影だと実物とは少し異なった色になってしまうのです。全てではないのですが、商品の色によってきれいに撮れなかったので撮影場所を変える事にしました。

 

商品撮影を外に変えた

オレンジ色っぽい照明がダメなのが分かり撮影場所を店の外に変えてみました。店の外には屋根があり、昼白色の照明の下で撮影をしてみました。店の中より綺麗に撮れるようになったのですが、ここで問題勃発。日が暮れてくるにつれ光の量が足りない・・・

昼間は太陽の光もありいいのですが、夜になると光の量が少なく全くきれいに撮れません。しかも冬だったのでめちゃくちゃ寒くて集中できない。外が適さない事が分かり商品撮影は光の量が大事というのを覚えました。

 

最後に行きついた商品撮影場所

店内の一角に昼白色の照明を付けました。結構光が強いやつで昼白色の周りに電球色の照明もあるのですが、それにも負けないくらい明るい照明を買いました。その明るい照明を上に付けて下にはやや光の強さは少ない昼白色の照明も置きました。

そして背景には真っ白いスクリーンを使い商品の撮影をすると、今までで一番きれいに仕上げる事が出来ました。ここでようやく商品撮影は照明が大事だという事に気づいたのです。

※このやり方での商品撮影である程度はきれいに撮ることができますが完璧ではありません。現在僕が悩んでいるのは黒い物がうまく撮れない。近くで撮れば素材感などもきれいに分かるのですが、少し離れた場所からの撮影では素材感が全く分からないのです。

これもまた光の量や当て方、レフ版などを使ったりしないと改善できないと思うのですが、どうしたらいいのかは現状まだ分かっておりません。

 

商品撮影時の微調整

デジカメの設定

僕が使っているカメラは2010年頃に買った「Panasonic LUMIX」になり普通のデジカメです。照明さえしっかりしていれば古いデジカメでも問題ありません。肝心なのは、撮影する商品によって簡単な微調整をするだけになります。

 

ホワイトバランスの設定

僕は撮影場所に合わせたホワイトバランス設定にして赤みや青みの微調整を行って撮影していますが、AWB設定(オート)でもほとんど問題ありません。

 

商品撮影に露出補正は必須

デジカメには露出補正が付いており、明るくしたり暗くしたりできる機能になります。これを使い実際と同じ明るさに調整しなくてはいけません。デジカメの画面を見ながら明るさを設定すればいいだけなのでそれほど難しくはないです。

■商品撮影のコツ
黒い物を近くで撮ろうとすると明るく写そうとしてしまいます。こういった場合、商品と一緒に自分の手も入れてピントを合わせてみて下さい。そうすると明るくなっていたのが暗くなります。

 

商品撮影のコツ(余談)

商品撮影 コツ

僕が商品撮影する時におすすめする機能の1つでオートブラケットというのがあります。他のデジカメであるのかは分からないのですが、これは明るさは変えながら連続で撮影してくれる機能です。シャッターを押すと暗い写真を1枚、明るい写真を1枚、中間の明るさの写真を1枚撮ってくれる機能になります。

露出補正である程度の明るさ調整はしますが、デジカメで見た明るさとパソコンに取り込んだ時の明るさが微妙に異なるので結構重宝しています。(こんな現象、僕のデジカメだけかな?)また写真がブレる可能性もあるので(現在モデルにて撮影している為)、3枚中1枚でもブレてなければ何とかなります。

 

商品撮影のまとめ

まず照明が1番大事です。これによって撮影商品の良し悪しが決まります。次にホワイトバランスと露出補正の設定をして撮影する事。これだけである程度きれいに撮影することが可能です。

今までで簡単だと思ったのが靴の撮影です。下記のようなセットを自作で作って撮影しているのですが、結構うまく撮ることができます。もし小物系の商材を販売しているなら下記のようなセットで撮るとうまくいきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)