ねずみのブログ

ネットショップ運営に関する情報や、自分の好きな事を発信するブログです。

楽天スーパーセールは売れる!メンドクサイ申請を行い奮闘する。

楽天スーパーセール

2日後に迫った楽天のスーパーセール。僕のお店でも着々と準備を済ませ忙しい注文に備えています。しかし不正事件のおかげで大分やりづらくなりました。申請の方法や価格の変更など、思うよう運営できないのが現状です。

楽天スーパーセールに申請するって何?

まず楽天スーパーセールに申請するとはどういった事なのかをご説明します。楽天スーパーセール中にだけセール品のみを検索する事が出来るようになります。下記画像をご覧ください

検索窓口

青丸で囲んだ部分に「半額以下アイテムから探す」と書かれています。これで検索をすると半額以下の商品だけが検索でヒットします。ここでヒットさせる為には楽天に申請を行わなければなりません。

なぜ申請を行うのか?

これはズバリ「売れる」からです!楽天スーパーセール中はここでの「半額以下アイテム」での検索が多く、ここからの流入が物凄く多いのです。ここに申請するかしないかで売り上げが大分違ってきてしまうというデータも分かっています。

どれだけ売れるのか?

去年の楽天スーパーセールのデータをご覧ください。

  • 8/29:注文2件 2万1,153円
  • 8/30:注文5件 4万6,525円
  • 8/31:注文1件 7,438円
  • 9/1:注文64件 64万9,752円
  • 9/2:注文33件 34万5,987円
  • 9/3:注文16件 17万7,165円
  • 9/4:注文10件 7万6,067円
  • 9/5:注文4件 6万1,545円
  • 9/6:注文3件 5万5,873円

2013年9月の楽天スーパーセール前後のデータになります。赤文字の部分がセール期間中です。ちなみに注文商品の8割がセール品。アクセス数も通常時の3倍から4倍ぐらいあります。

厳しい申請チェック

これだけ売れるのだから半額以上の商品を沢山登録したいのですが、不正事件のおかげで思うように出来なくなってしまいました。厳しくなったチェック項目はこちら

1:楽天スーパーセールからさかのぼって8週間以内のうち、定価で4週間売らなければならない。
(例外もあるが説明が長くなるので省きます。)

2:送料無料から送料徴収に変更ができない

主にこの2つが申請項目に追加されやりづらくなりました。1のネックは、楽天スーパーセール前に思うようなセールができない事です。今回は9月1日からセールが始まるので7月半ばぐらいが8週間前にあたります。7月後半から8月は夏物の洋服が売れなくなってくるのでセールをかけるのですが、スーパーセールのおかげで思うようにセールが出来なくなりました。

2番があることにより、半額に出来るものが出来なくなってしまいました。今までは半額にしても送料を徴収できたのにこれが出来ないので、採算が合わなく半額にすることが出来ないのがネックです。

しかしながら

やろうと思えば不正は出来てしまいますね。8週間前から定価を2倍に吊り上げて販売してればいいのですから・・・まあそんなことやってるお店はネットでさらされてしまうので痛い目に合うのが落ちです。

実際の話

楽天スーパーセール中の商品でそんなに魅力的な商品ってあまりないんですよね。僕のお店も残り1点とか、メーカーの売れない商品を激安で仕入れた物などばかりでお買い得って感じる商品は極わずかです。

他の店舗を見てもまったくお得感を感じない物ばかり。特に自社製品を扱うお店で元々の定価をありえない価格にして売っている所がいっぱいあります。

東京だと馬喰町に問屋街があるのですが、ボリュームネックのパーカーが下代で1,280円。これを僕のお店だと2,900円とかで販売するわけです。ある楽天のお店では定価を7,900円に設定して半額の3,950円で販売。定価など元々ないですからただのボッタくりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)