ねずみのブログ

ネットショップ運営に関する情報や、自分の好きな事を発信するブログです。

撮影ボックスを使ったらビックリするくらいキレイに撮れた

綺麗

前から気になっていた撮影ボックスを買いました。今までは黒い物の素材感がボヤけたり白い物の色が光りすぎてしまうことに悩んでいたのですが、撮影ボックスのおかげで解消されました。

今回は購入した撮影ボックスで撮った物と以前のスタイルで撮った物の比較写真を使い、どれだけ違うのかをご紹介いたします。

 

 

購入した撮影ボックス

僕が買ったのはKOKUYO キレイに撮り隊 デジカメスタジオL (DG-B2)です。帽子や靴、鞄などを撮影したかったのでLサイズ(6118円)の物を購入しました。

帽子や靴、小物関係を中心するのならこのLサイズがおすすめです。鞄だと少し大きさが足りなかった。※タテ30×ヨコ30cm程度の物の撮影に最適。

 

この撮影ボックスを選んだ理由

選んだ決め手としては背景色がグレイ色の物が欲しかったから!上の画像の背景色は青ですが、裏返すとグレイ色の背景色になっています。

今のデジカメは白い物は反射率が高いので暗く写そうとする。暗い物は反射率が低いので明るく写そうとする。これが原因で綺麗に撮ることが出来ませんでした。そこで色々調べた結果、背景色がグレイ色だと綺麗に撮ることが出来るのではないかと思ったからです。

詳しく書いてあるサイトはこちら

 

 

比較写真

上の画像が撮影ボックスで撮った物、下の画像は今までの撮影方法の画像です。

撮影サンプル

上の画像(撮影ボックス)で撮った方がボヤけていなく、下の画像の方がボヤけているのが分かります。今まで黒い物を撮影するとベタッとボヤけてしまう写真になっていたのですが、撮影ボックスを使うと綺麗に撮ることが出来ました。

 

 

撮影ボックス以外に必要な物

照明器具が必要になってきます。おすすめは動かしやすいもので、斜めから光を当てられるものが望ましいです。ちなみにこんなやつ

ottostyle.jp 写真撮影用照明機材セット【5灯ソケット】このような照明器具を使い、斜めから光を当てられればOKです。

 

 

僕が買った撮影ボックスの不満な所

不満

背景色に使っているシートなのですが、折りたたんでしまっているとシワが付いてしまいます。それをアイロンで直すのがめんどくさい。不満な点としてはこれぐらいですね。

 

 

色々撮影してみた感想

感想

黒以外にも様々な色を撮りましたが、今までよりも全て綺麗に撮ることが出来ました。ここまで綺麗に撮れるとは思っていなかったので、かなり満足しています。

小物の撮影をするのなら絶対に撮影ボックスは持っていた方がいいですよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)