ねずみのブログ

ネットショップ運営に関する情報や、自分の好きな事を発信するブログです。

ネットショップって見栄えが良くてもダメなんだよね。

ネットショップを7年間運営してきて様々な店舗を見てきました。とてもお洒落なショップ、質素でつまらないショップといろんなネットショップがあります。昔は見栄え=売上げが高いという思い込みがあり、綺麗なショップを見ると「売れてる!」っと思い込んでいました。しかし現実は全く違います。

ネットショップの見栄え

見栄え

出来る事なら見栄えがいいショップを作りたい。誰もが思う事です。だからと言って見栄えにばかり時間を使っていても売上げには結びつかない事が多いです。現に今まで見てきたショップで、「この見栄えでこんなに売ってるの?」ってお店をいくつも見てきました。

実際にある2つのネットショップのお話し

2つのショップはお互いにライバル意識を持つネットショップです。A店、B店と名前を付けてそれぞれのショップの見栄えをご説明します。

■A店(見栄えが悪い)

昔から変わらぬ見栄えで面白味も何もありません。古臭さを感じるネットショップです。トップページは一番上にテキストで入荷のお知らせ、その下には新着商品の画像をずらずらっと並べているだけ。サイドにTシャツやデニムなどのカテゴリーがずらーっとテキストで並んでいるなど、見ていて面白いページではないです。

商品ページもいたってつまらない。全身の画像を載せて後は平置きで細部を撮影する。素人でも出来る簡単な画像作りです。

■B店(見栄えがいい)

今時のページ製作で綺麗に作り込んでいるショップです。トップページはジャバスクリプトを使い流れる画像、バナーも綺麗でカッコイイ。コーディネート例を載せたり、値段別にカテゴリを作るなど細かな部分まで手を入れて作っているのが分かります。

商品の写真も綺麗で、プロが撮ったかのようなクオリティー。体系の違う何人かにTシャツを着せては着用の感想なども書き込むなど購入者が分かりやすいように工夫をしています。

 

誰が見てもお洒落なお店はB店と答えるぐらい見栄えに差があります。しかし現実は厳しくB店は今一売り上げが宜よろしくありません。逆にA店は売上げが伸びているそうです。ではなぜA店が売れているのか?それはある一つの事を徹底してやっているからだそうです。それは

A店はどこよりも早く商品をUPする

これを徹底して行っています。昔からどこのショップにも負けないくらい早くUP。画像のクオリティーやTOPページなどの作り込みは最低限に済ます。とにかく早くUPするだそうです。

その他に僕が見ている限りでは商品の詳細情報が細かく書かれている事。どこよりも細かく書かれているし、専門的な知識もよく知っている。見ていてなるほどーっと思ってしまう。

B店に関しては商品のUPが少し遅いです。そして商品の詳細もそっけなく面白味はありません。

見栄えにこだわるな

見栄え

っとは言いませんがこだわりすぎるのは逆によろしくありません。今回話したA店以外にも、見栄えが悪くても売っているネットショップは沢山あります。見栄え以外にも売れる要因は沢山あると思うので、是非自分のショップに合った方法を見出してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)